#5 多種多様なテーマのランディングページ制作に対応するために欠かせない、日々の情報収集方法について

日々の情報収集・勉強はフリーランスにとっての命綱である

フリーランスとして、ランディングページ制作に日々関わっていますが、完全にひとりでの作業体制ですので、基本的にはお客様にどんなテーマの案件を依頼されても、自分の力で対応することになります。

これまで約200件、様々なテーマの案件を担当してきましたが、周りの人達からよく言われるのは、「どうしてそんな風に数多くのテーマにひとりで対応できるのか?」ということでした。

その質問に今簡単に答えるとするならば、私は、どんなテーマをお客さんが持ってきてもできる限り柔軟に応えることができるように、日々の情報収集をルーティンにしたり、読書や旅行などを通じて世の中に関する視野・視座を常に広げるように努めているからと言えます。

そんなわけで、今回の記事では、私が毎日の生活の中で欠かさず実践している、情報収集の考え方や、具体的なノウハウについて、少し解説した音声を撮ってみましたので、ぜひ参考にしてみてください。

●片岡亮太の情報収集術について

以下は、音声のレジュメをまとめています。

『片岡が日々実践している情報収集術』音声のまとめ

【1】日々の情報収集・勉強法に対する考え方について

フリーランスは、あらゆるお客さんの要望に応え、同じ目線に立つために、常に知識と技術のブラッシュアップをする必要がある。
そして特にランディングページは広告という媒体であることから、世の中の世相や流行を反映しやすいため、日々の情報収集が欠かせない。

そのため、自分なりの情報収集ノウハウや情報を定点観測するメディアなどを、ある程度固めておくといい。

【2】具体的な情報収集方法

(1)新聞・・・世の中の動きを大まかに把握する

ipadのアプリで、日経新聞(+日経MJ)と朝日新聞に毎日目を通す

(2)雑誌・・・世の中の一般の流行を把握する

dマガジンで、休憩時間に週刊誌やファッション雑誌などをサッと見る

(3)書籍・・・幅広いテーマや知識に対するアンテナをはる(教養を身につける)

週に一度、新宿などの大型書店に行き、2時間程度かけてすべての棚を回り、新刊をチェックしたり、興味を持った分野の本を片っ端から購入する

(4)ネット・・・常に定点観測するメディアを抽出し、情報をコントロールする

inoreaderを使用して、ブックマークしたメディアの更新情報のみをサッと把握する

これらを15〜30分程度ずつで、細切れで行うのが鍵。
情報は無限に溢れてくるので、絶対にダラダラやってはいけない。

【3】参考書籍・アプリ

●現代の情報収集の考え方を基礎から学べる

inoreader

ブックマークアプリに最適。※PCで閲覧する方が使いやすい

こんな形で、興味のあるメディアのみの更新情報をピックアップしてくれる。

dマガジン

様々な雑誌読み放題サービスがあるので、好きなものをセレクトすればよい。

無料電子書籍
Webデザイナーの思考法と仕事術

実績・スキルゼロスタートでも年間100件のLP制作を担当できるWebデザイナーの思考法と仕事術を1冊の本にまとめて無料で配布しています。