#2 この3つから選べばOK!おすすめのレンタルサーバーについて

個人〜中小企業レベルであれば、サーバーにそこまでこだわる必要はない

制作したランディングページをネット上で閲覧可能な状態にするためには、レンタルサーバーに契約する必要があります。

レンタルサーバーと契約を行うことで、サーバー上にログインできる情報(FTP情報)を入手することができるため、そのまま制作したデータを自分でサーバーに上げるか、業者に依頼をすることでランディングページが閲覧できるようになります。

そして、そのレンタルサーバーについては、下記で紹介する3つの中から選べば特に問題ありません。どれも料金的にも手頃で、一般的に知名度が高いサービスであり、管理画面なども使用しやすくなっています。

これ以外のサーバー会社を探すケースとしては、セキュリティ面がより充実しているサーバーを求めている場合や、大企業レベルの情報量があるデータを扱う場合などに限られます。

そのため、個人から中小企業レベルの規模で扱うレベルのサーバーとしては、以下のさくらサーバー、エックスサーバー、ロリポップのどれかを選べばいいでしょう。

さくらサーバー

http://www.sakura.ne.jp/

さくらサーバーは私がクライアントに一番推奨しているサーバーであり、知名度や安定感、費用の安さなどどれをとってもバランスが取れているサービスとなります。

特に、これからサーバーを初めて契約するのであれば、「スタンダード 100G 月額515円」を選べば全く問題ありません。この他の選択肢は必要ないといってもいいくらいです。

このコースさえ契約しておけば、ランディングページの公開ではなく、WordPressも構築できます。

管理画面も初心者にとって理解しやすく、サポートなども充実しているため、特にこだわりがないのであればさくらサーバーにしておくのがいいと思います。

エックスサーバー

https://www.xserver.ne.jp/

エックスサーバーは、私の中のイメージとして「さくらサーバーの高速版・強化版」と位置づけています。

もし、サーバー設置型のメルマガ配信システムを使っていて、1万人以上の読者がいる場合、さくらサーバーとエックスサーバーではやや後者の方が配信に強いといった感じです。

そのように、さくらサーバーの用意している100Gの容量を遥かに超えるような数多くのサイトを運用する場合、一日に何十万ものアクセスを呼ぶようなサイトであれば、エックスサーバーを検討した方がいいと思います。

ですが、これから初めてサーバーを契約するいったような方には、月額1000円はやや高額ですし、必要のない容量と機能なので、基本的にはさくらサーバーにしておいて問題ありません。

ロリポップ

https://lolipop.jp/

ロリポップは、かつてさくらサーバーよりも格安でサーバーを使えるイメージがありましたが、システムを強化した結果、さくらサーバーとほぼ同じような値段と機能になっています。

なので、特にさくらサーバーのスタンダートプランとの明確な違いがないのですが、管理画面に関してはさくらサーバーの方が扱いやすいと思います。

厳密に速度調査などを行うと、さくらサーバーにもロリポップにも、エックスサーバーにも違いはあるのですが、個人や中小企業規模のビジネスには、そこまでの差は正直ありません。

料金や機能を見て、ピンとくる方を選ぶといいでしょう。

知名度の高いサーバー会社を使用した方が、制作会社に依頼する際もスムーズ

以上、3つのレンタルサーバーを紹介しましたが、何度も伝えている通り、特にこだわりがなければさくらサーバーの「スタンダード 100G 月額515円」で問題ないでしょう。

ここで立ち止まって色々と検討するのであれば、自分のビジネスにおいて他にやらなければいけないことは沢山あります。些細な違いなどは気にせずに、すぐに契約をして先に進んでしまいましょう。

なお、今回紹介したレンタルサーバーはどれも知名度の高いものですが、それは何故かと言うと、どこかの制作会社にランディングページやホームページを依頼した際に、有名なサーバーであれば制作作業がとてもスムーズに進行するからです。

逆に、マニアックで扱いにくいレンタルサーバー会社だと、制作会社も仕組みを理解するのに時間がかかり、その部分作業が滞ってしまいます。

そのような理由からも、レンタルサーバーは上記3つの中から選ぶのが無難です。

無料電子書籍
Webデザイナーの思考法と仕事術

実績・スキルゼロスタートでも年間100件のLP制作を担当できるWebデザイナーの思考法と仕事術を1冊の本にまとめて無料で配布しています。