【コラム】「これでダメなら死ぬ覚悟」はあるか?

 
今年の夏は、梅雨が長引いたことであまり夏っぽくなかったですが、いよいよ本格的に暑くなりましたね。

そして先週から小学校は夏休みということで、羨ましい限りですね。

(ちなみに私は札幌出身で、夏休みが8月20日ぐらいまでだったので、本州は31日まで夏休みだということが不思議に感じます)

最近やっていること

それで、ここ最近、私は自分で書いた電子書籍を、ネット広告を使って広めています。

ありがたいことに、かなり多くの方にダウンロードして読んで頂き、またわざわざ感想も送っていただいています。

その中からいくつか紹介しますと、

WEBデザイナーは薄利多売のイメージが有りましたが、
正しい思考とルール、そして稼ぐ覚悟さえあれば、年収1,000万円のラインに到達できることが分かりました。
独立成功までの道のりを、著者の経験談をベースに具体的に記載されてあったので、初心者の私でもわかりやすかったです。とても勉強になりました。
初めまして。レポート、読ませていただきました。
実に丁寧に細かい部分まで説明されて、あっという間に読み進めてしまいました。
長時間労働で、割りに合わない収入になっているWebデザイナーには是非知って欲しい事がたくさんあると思いました。
一気にスラスラと読めてしまいました。
経験に基づく失敗と成功までの道のりがこのような形で拝読できたことに心より感謝を申し上げます。有難うございました。
「特に案件の獲得方法がとても参考になりました。
まずは、無料で提案していきます。」

というように、私が本書を通じて伝えたかった想いが少しでも伝わっているようで、とてもうれしいです。

改めて、感想を送って頂いた皆様にはこの場を借りて、お礼申し上げます。ありがとうございます。

ビジネスには稼ぐ覚悟が必要

私が本格的に今の仕事のスタイルを確立したのは、2015年からだったのですが、そこから4年間かけて安定的にLP専門のWebデザイナーとして、実績を着実に積み重ねてきました。

その中で、もちろんうまくいったこともあったし、同業者に自分の活動を揶揄されることもあったし、自分の取った行動に後悔したことも多々ありました。

でも、そうした成功と失敗の経験どちらに関しても、本書を読んだ方たちの役に少しでも立てたのであれば、これほどありがたいことはないですね。

私が本書を通じて伝えたかったことのひとつに、

「ビジネスに取り組むには一定以上の覚悟が必要である」

という重要なメッセージがあります。

そして、その覚悟というのは、身も蓋もない言い方をすると、

これでダメなら死ぬ覚悟

です。

なんとおおげさで物騒な・・・

と思うかもしれませんが、ビジネスというのは、基本的に弱肉強食の世界なので、失敗したら自分自身を殺す覚悟で臨まなければ、思うような結果を得ることはなかなか難しいのかなと。

最近は副業なども流行ってきて、誰でもできる!と甘い言葉で誘われがちですが、それでも自分なりの事業を組み立てて、新しいことを成し遂げるにはそれなりの覚悟が必要です。

私が独立・起業したときは?

実際、本書にも書きましたが、私ももともと正社員を辞めて、個人事業主として27歳の時に独立・起業した経緯があります。

もちろん、会社を辞めるにあたって、世の中の大多数の人が言われるであろう以下のような助言を受けました。

「短気を起こして仕事を辞めてはいけない」
「計画もなく独立してはいけない」
「非正規雇用になったら正社員には戻れない」

私も他の人達と同様に、そんなごく一般的で常識的なアドバイスを上司や知人から色々もらったりしていました。

しかしながら、

そんなものをいくら聞いたところで、最終的な判断を下すのは、全部自分です。

毎日の仕事が退屈でつまらないと言って同僚と愚痴ばかり言い合う生活を送るのか。

自分の生きたい人生を実現するために失敗したら死ぬ覚悟でチャレンジするのか。

どちらを選ぶのかは自分自身なのですが、結局のところ、自分の決断には、自分が責任を持たなければいけない。

「全部お前のせいだ」なんて言って死んでいく人生には、悲しいかな、何の価値もないのですから。

要するに、私がこれまで独立起業して生きてきた経験を通じてこれだけは伝えたいのが、

死ぬ覚悟で臨めば、努力も運も必ずついてくる

ということです。

努力すれば必ず成功するとは言い切れません。

根性論だけで何もかもうまくいくなら、この世にブラック企業なんて存在しないでしょう。

人と違った形の成功を手にするなら、単なる努力だけではなくて、そこには少なからず運も必要です。

ただ、現状に対して、問題点を洗い出し、自分を常に見つめ直し、死ぬ気で努力していない人には、肝心の運も巡ってこないと私は思うのです。

表面的なライフスタイルではなく、自分自身の成功の定義を追求すべき

私は自分の活動を通じて、

「フリーランスになって自由な生活をしよう」とか、
「収入を増やして豊かな暮らしを実現しよう」とか、

そんな巷によくあるような表面的なライフスタイルの話をしたいわけではありません。

そうではなく、

目の前にやってくる成功や運を自らの力で引き寄せたいのであれば、最初の段階だけでも死ぬ覚悟で努力しないといけない

と真剣に思っていますし、そんな意識を作る上でのきっかけを自身の活動を通じてひとつずつお伝えしていければと考えています。

無料電子書籍
Webデザイナーの思考法と仕事術

実績・スキルゼロスタートでも年間100件のLP制作を担当できるWebデザイナーの思考法と仕事術を1冊の本にまとめて無料で配布しています。